半熟リブレット

半熟リブレットは、ガジェットネタやアプリネタ、ライフハックや雑ネタまで幅広く紹介していくサイトです。

ARTOYトイカメラはカメラを通して不思議な世界を実現するアプリ

今回ご紹介するアプリはARTOYトイカメラです、AR(拡張現実)系のアプリはよくみなさんもご存知だと思います、様々な形態のARが開発されています、カメラを通してCGを融合させるもので、有名なアプリがポケモンGOです。

ARTOYトイカメラも同様にカメラとCGの融合ですが、カメラ、ビデオ撮影用に特化したアプリになります、このアプリは特にCGの取り込み方が上手で、現実とCGの融合が違和感なく再現されていて、とても面白いものになっています。

 

開発者の方ですが、Taichi Shimizuさんという個人の方です、このARTOYトイカメラの他に時計アプリも制作されています。

 

主にiPhoneiPadで利用可能、通常は無料で利用可能ですが、240円で全ての機能を解放できます。個人開発ということもあってか、機能制限解除が240円というのはとても格安な感じがします、無料で利用の場合は、時々広告が入ってきますが、頻度は少なめで、利用する際にストレスはないです。

 

 

 

ARTOYトイカメラの特徴と機能

 

ARTOYトイカメラの特徴

ARTOYトイカメラを立ち上げると、まずカメラの使用許可が現れます、当然カメラを使用するアプリなので、これをしないことには始まりません、許可を出せばiPoneまたはiPadを動かして、エフェクトを出現させたい場所をタッチします、すると、画像にエフェクトが表示されます、エフェクト自体の大きはピッチで大きくしたり、小さくしたりが可能です、全体に広がるエフェクトの場合は自動で描画されます、どのエフェクトも自動で動くので、現実部分との融合で面白い動画や写真が撮れたりします。

 

また床や段差などの位置を自動で感知しているため、例えば紅葉の葉っぱが降るようなエフェクトでは、床部分で溜まっていくような演出になっていて、とてもリアルに感じます、このあたりの技術は他のARカメラではあまりみられないものです。

 

現在無料での利用できるエフェクトは30種類以上ととても豊富ですが、更に有料で制限解除すれば60種類以上に増加します。

 

エフェクトの種類は様々ですが、例えば、先ほど説明した紅葉もそうですが、札束が降ってきたり、床一面に花が咲いたり、上からダイアモンドダストのような綺麗な結晶が降ってきたり、動物があちこちで動いていたりと、どれも面白い演出になっています。中には自分で文字入力をして、その文字がエフェクトとして画像の演出に加わッタリします、ただ、違う種類のエフェクトを重ねることは出来ません。

 

 

ARTOYトイカメラの機能

エフェクトを表示させた状態でカメラ撮影、動画撮影することが基本の機能です、その他では、画像全体をリアルタイムにフィルターをかけた表現調整機能も付いています、カラーフィルターや特殊フィルターが使用でき、写真や動画にもそのまま反映することが可能です、これも面白い要素の一つです。

 

また、撮影した画像は、インスタグラム、twitter、フェイスブックに直接あげることができるようになっています。

 

ARTOYトイカメラの動作も軽く、とても快適に利用できます、アップデートの際に一部エフェクトが追加や、削除される場合があります。

 

 

 

 

このように、AR系アプリの中でもARTOYトイカメラは特にオススメのひとつです、一人でもみんなでも楽しめますし撮影したものを交換しても楽めると思います、個人的にとても満足度の高いアプリです。